読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生まれて18年島育ちのド田舎声優志望が、ある事をキッカケに5ヶ月で声優プロダクションの社長から「一緒に仕事をしてくれ!」と、逆オファーをもらった“ヒケツ”を大暴露

このブログでは大学を中退して、行く宛がなくなった浮浪者の悲しい日常を綴る…わけではなく、ある事をキッカケに、人生が540°変わってしまった“ヒケツ”を曝していきます。

「道端に一万円が落ちてた!!」

  道端に一万円が落ちてた!!!
  こんな事ってあり得るんだ!!!
  マジラッキー!!!!!!!!
 

f:id:maxshin:20170108150306j:plain


こんな風に毎日簡単に
そして楽に稼げたら、
どんなに幸せな事か…

 

あなたも考えた事は無いですか?

 
僕は自分が目の前の利益だけを
考えていることに気付きました。
 
道端に財布が落ちていたとします。
 
中身を確認すると、財布の中には
一万円が入っていました。
 
「お、こいつはラッキー!」
 と思い、諭吉を抜き取るのか。
 
「持ち主が困るから交番に届けよう」とするのか。
 
目の前の利益だけを
考えると言う事は、
当然、前者になります。
 
そして、あたりまえのように
一万円が手に入ります。
 
しかし、それと同時に
一万円以上に大切なあなたの
道徳心や良心を奪います。
 
そして、楽な方へ楽な方へと流れる
悪い癖が身に染込み、負のオーラが漂い
目はサメのように鋭く不気味になるでしょう。
 
そう考えたら、
目の前の一万を手に取ろうなんて
考えないはずです。
 
でも、人間はどうしても
楽な方、楽な方へと流されて行きます。
 
僕も去年までは、
 
「ハラヘッタから食べる」
「眠いから寝る」
「したくなったからする」
 
まるで自然動物のような
生活を送っていました。
 
もはや、人間ではありません。
ただのサルです。
 
確かにそうやって本能の
ままに生きる人生も楽しい。
 
だけど
 
自分が辛い事を乗り越え
人間として成長できた、
人に信頼されるようになった。
 
そう言った事の方が、

よっぽど幸せ何だと言う事に気付きました。
  
さあ、今あなたの目の前に
一万円が落ちています。
  
あなたはそれを拾いますか?

 

f:id:maxshin:20170108150306j:plain