読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

生まれて18年島育ちのド田舎声優志望が、ある事をキッカケに5ヶ月で声優プロダクションの社長から「一緒に仕事をしてくれ!」と、逆オファーをもらった“ヒケツ”を大暴露

このブログでは大学を中退して、行く宛がなくなった浮浪者の悲しい日常を綴る…わけではなく、ある事をキッカケに、人生が540°変わってしまった“ヒケツ”を曝していきます。

※心臓の弱い方は見ないでください※

これが日本の真実…

 

2016年の過労者数は2159名。

 

最近起きたのは電通に就職した

24才エリート女性の自殺。

 

f:id:maxshin:20170225175714j:plain

 

東芝、倒産の危機。

19万人の社員、その家族が路頭に迷う…?

 

f:id:maxshin:20170225175819j:plain

 

離婚したくても出来ないから

腹いせで夫の歯ブラシでトイレ掃除する妻。

 

早く夫に死んで欲しい妻もいる。

 

中には感情論だけではなく、

合理的に考えている女性もいる。

 

夫が生命保険に加入して、

住宅ローンなどの返済途中に

死んでくれれば全額免除される。

 

更に遺族年金や生命保険も入り、

当分の生活には困らない。

 

教育の面でも悲惨。

 

大学生の50%以上が奨学金を利用。

新卒でいきなり600万の借金を抱える人もいる。

 

滞納3ヶ月でブラックリスト入り。

9ヶ月目には裁判所からの支払い督促。

 

返せなければ給料差し押さえ。

 

親の所得も減り、

仕送り額も低くなる。

仕送りがない学生もいる。

 

給付型の奨学金がないのは日本ぐらい。

 

 

いきなりビックリするような

内容から始まりましたが、

 

これが今の日本の現状らしいです。

 

僕が怖いと思ったのは

前の常識が、今の常識でなくなる

スピードが極端に早くなった事。

 

ゆでガエルの話を聴いたここがありますか?

 

すでに沸騰したお湯の中に

カエルを入れると、「あちっ!」と

逃げ出します。

 

まあ、当たり前ですよね。

 

今度は

 

カエルの適温と思われる

温度にしてカエルを泳がせておきます。

 

しかし、

 

下からは火をあてて

水を温めていきます。

 

初めカエルは心地よい温度で泳いでいたのですが、

徐々に水の温度は増していきます。

 

そして気付けば

 

腹を天井にして裏返り、

死んでしまうと言う話です。

 

実はこれと同じ現象が

僕らの生活にも起きているのです。

 

消費税を見てください。

 

前までは5%だったのが、気付けば8%です。

 

そして、更にそれが10%になります。

 

税金はドンドン取られるのに、

給料はどうなっているのかと言うと

 

冒頭にもあったように

年々減少しているのです。

 

本当に怖いですね。

 

このように僕たちが気付かないうちに

日本はどんどん、ドンドン

負に方向へ進んでいます。

 

僕はそれに気付いてしまったので、

なんとかして茹で上がる前に

逃げ出そうともがいています。

 

そんな僕を横目に

こんな快適な空間があるのに、

 なんて馬鹿な事をするんだ。

 

と言う人もいます。

 

まるで『ノアの方舟』のようです。

 

僕は沈み行く船(日本)にいつまでも

しがみついている必要はないと思っています。

 

でも、僕はこの日本が好きです。

 

だからこそ!

 

どうにかならないものかと

常に考えています。

 

まだ影響力もない非力な若造ですが、

もっと力を持ちたいと思っています。

 

あなたはこれを読んでどう感じますか?

 

他人事のように感じてしまうでしょうか。

 

もしそうだとしたら、

非常に勿体ないと僕は思います。

 

今求められているのは

個の力”だと僕は思います。

 

誰に頼らなくても、

自分だけでも生きられる力。

 

最低限これがないと、

今の日本を生き残れないと思います。

 

最終的に判断を下すのは自分しかいません。

 

変わる事を選ぶのが決断なら、

変わらない事を選ぶのも決断です。

 

あなたはどちらがいいでしょうか?